シックスパッドの最大の魅力点は、辛い筋肉トレーニングをしなくても筋力アップができること。
運動を日頃行っていない方にとって筋トレはエネルギーのいる運動ですよね。また、筋力が弱いときには、腹筋運動ができない事もあるかもしれません。
寝転がって仰向きに成るという動作だけでもやりたくないという人もいるでしょう。

 

つらい運動をしないでも筋肉を鍛えることができる

シックスパッドの最大の魅力は、運動が苦手な方でも続ける事ができることです。
シックスパッドは、辛い腹筋運動などの筋力トレーニングする必要がありませんので、筋力が弱い方や、運動が苦手な方でも筋力アップが可能です。EMSはお年寄りのリハビリなども取り入れられていて、筋力がアップすることを証明した論文などもあります。むしろ、運動不足で筋力が弱い方の方が効果を実感しやすいでしょう。反対に、普段からジムなどでトレーニングをしている方には効果が薄いとも言えます。

 

いつでも使える

使い方も簡単で、自宅で本やスマホを見ながら、家事をしながらなど様々な場面で利用することができます。
また、コードレスですので、運動中などでも使いやすいEMSです。ただし、運動中に使うと汗で粘着力が弱くなることもあるので、SIXPADでトレーニングをする時間を作るほうがよいでしょう。
私はパソコンをしながら、ソファーに座ってなど動かないと時に利用しています。

 

デメリットはジェルシート代

運動をせずに筋力アップが期待できるシックスパッドですが、残念ながらデメリットがあります。
シックスパッドはジェルシートが消耗品になります。
ジェルシートは30回程度で交換になりますので、そのたびに維持費が必要になります。私は粘着力が弱くなってきても、付属のベルトでぎゅっとしめて利用しています。効果は保証できませんが一応刺激はあります。
シックスパッドには、安く購入できる互換性のあるジェルシートも販売されていますが効果の保証がありませんのでおすすめはできません。

 

本格的に鍛える

アスリート並みの腹筋をバキバキに割ろうと考えているのなら、ジムでのトレーニングや自重トレーニングなどの高強度な腹筋トレーニングをする必要があります。「シックスパッドでは腹筋が割れない」との口コミもありますが、個人差がありますが難しいと思います。脂肪が多い方が腹筋を割ろうとすると、脂肪を減らす必要があります。体脂肪率10%以下などと説明している方もいます。ですので、腹筋を割りたい方は脂肪を減らすために、食事管理と有酸素運動なども必要になります。SIXPADを使ったら今までと同じ生活でも痩せて腹筋が割れるというのは難しいでしょう。
あくまでも、ダイエット目的や筋力トレーニングのサポートとして利用するのがおすすめです。