辛い腹筋をしないでも、気になるお腹の脂肪が減っていく。EMSの販売サイトではそんなことを書いている商品が多いです。
では、SIXPADを使うとスポーツ選手やボディビルダーのような腹筋になることができるのでしょうか?
腹筋が割れる仕組みについて知っていると答えを見つけることができます。

シックスパッドを使っているだけでは腹筋は割れない?

まず、腹筋を割るために必要なことは体脂肪を減らす事です。
人間の腹筋は激しい筋トレなどをしなくても割れていると言われています。例えば、ちょっとガリガリの男性で腹筋が見えていると、腹筋が割れていると感じることがあります。
反対にお腹に脂肪がある人の場合、腹筋運動をして腹筋を鍛えたとしても腹筋が脂肪に隠れてしまいます。
つまり、お腹の脂肪を減らすことで腹筋が浮き出すようにすることが必要なのです。
腹筋が割れる為の体脂肪は10%以内とも言われています。もちろん、個人差が
あり、腹筋が以上に発達している方などは脂肪が多くても腹筋が見えている場合がありますが、それは例外です。
腹筋を割るには、シックスパッドを使うと同時に、食事や運動で体脂肪を減らす必要があります。

 

本格的に腹筋を鍛えるためにはシックスパッドを補助として使う

シックスパッドの効果を最大限に引き出すためには、補助として使う事をおすすめします。
まずは、食事管理や筋肉トレーニングなどで脂肪を減らすことを考える必要があります。

食事管理

ダイエット中の食事で大事なのはカロリーです。人間の体は摂取カロリー>消費カロリーとなると体に脂肪をついてしまいます。
そのため、どんなにEMSで筋肉量を増やし、消費カロリーを増やしたとしても摂取カロリーが多いと脂肪が増えてしまいます。
つまり、重要なのは食事管理で摂取カロリーをコントロールすることです。

筋トレ

消費カロリーを増やすには筋肉トレーニングが最適です。
EMSは筋肉量を増やし消費カロリーを減らす効果もありますが、SIXPADでお腹だけを鍛えるよりも、筋トレで全身の筋肉を鍛えるほうが効果は高くなります。
特に下半身の筋肉は大きな筋肉ですので、消費カロリーを増やすには最適な筋肉です。

 

 

SIXPADだけで、腹筋を割るのは難しいと思います。
普段から食事管理や運動を行い、TVを見ている時や家事をしている時にシックスパッドを使う事で効果的に腹筋を鍛える事ができ、割れた腹筋を手に入れることができるかもしれません。

 

口コミではどう?

体験ブログでは腹筋が割れた!と書いている人もいますが「ステマ」の可能性もあるので怪しいです。シックスパッドだけといいながら、バリバリ筋トレしている可能性もありますよね。

 

1番信頼できそうな通販サイトの商品レビューには腹筋が割れたという口コミはありませんでした。
また、ビフォーアフターも怪しいと思います。お腹の脂肪を落とすだけなら、1カ月だけ過度な食事制限をすると簡単にできます。ただし、過激な食事制限で痩せてもリバウンドしてしまいます。

 

もともと脂肪がたっぷりとお腹に付いている人がシックスパッドを使うだけで、ブラットピットのような腹筋になるのは難しいでしょう。しかし、食事や運動を取り入れることで憧れの腹筋を手に入れる事が出来るかもしれないですね。